Aston Martin Bunny 1921 1/43 製作記-1   更新しました!


こんにちは山口です

今回からAston Martin ”bunny” 1921 を製作します

聞きなれない1921年の車種ですので未知の世界です

1921年当時とされている写真です

資料によれば、イギリスのサ-キット兼飛行場であるブルックランズで、1922年5月1日に平均速度125㎞を記録し、当時の世界記録だったと記載があります

1920年代当時の画像を見ると、車体の前部はどの車もほぼ同じ形状ですが、運転席前の風防や、座席後部の形状に個性があります

この画像の個体の様に、ワイヤ-ホイ-ルの登場前はスポ-クタイプの物だったようです

個体の詳しい緒元は不明ですが、当時は1.5リッタ-4気筒のエンジンを搭載していた様です

AML Miniaturs 1/43 Aston Martin”Bunny”1921

今回はこちらのキットを製作していきます

内容はレジン製の各パ-ツとゴム製のタイヤとなります

拡大してみると、全体的にダルイ感じがします

ボディとシャシ-です

後部の造形は、作業途中かと疑いたくなるような、なかなかショキングな状態です(笑)

ミュ-ジアムに並んでいる年代的に一番古い、ゼッケン15のレ-スカ-とよく似ています

前側はほぼ一緒に見えますが、リアは大分ボディが長いですね

勝手な想像ですが、当時の記録を狙うため長時間の走行が可能な様に、燃料タンクを大きくする必要があったのかもしれません

恐らくこの元型をベースにリアを延長して製作されたキットだと思われます

シャシ-裏側に車名が刻印されていたと思われる場所は、雑に削り取られているように見えます

1921年という事は、今年は2020年ですので、ほぼ1世紀前の車になりますね

これまでに経験のない新鮮な模型製作になりそうです

今回はここまでです